「自分を受け入れる」って?

ママの心を元気にする相談室

「ココロのゆるめ屋」めぐです。

 

▼昨日のブログのつづきです。

http://blog.koko-yuru.site/?eid=183

 

「自分を受け入れよう」

と書きましたが、

はたして「自分を受け入れる」とは

どんなことだと思いますか?

 

 

自分を受け入れる、というのは

ありのままの自分を

まるごと認める、ということ。

 

いいところはもちろん、

ダメなところも含めて、です。

 

人はどうしても

ダメなわたし=排除しなきゃ!

と思いがちなのですが、

 

ダメなわたしも

すべてひっくるめて

自分なんですよね。

 

では、どうやって

ダメな自分を受け入れるか?

 

まずは、

短所と思われるものを

長所に変更してみるんです。

 

すぐに行動できない

 ⇒ 慎重に考える。

 

人と話すことが苦手

 ⇒ 人の話をよく聞く。

 

という具合に。

そうすると

「ここがダメだ」と思う部分も

いいところに変わりませんか?

 

また、ついつい

ダメなところを見つけて

自分で自分を責めたくなりますが、

ダメ出ししなくても、いいんです。

 

わたしは、わたし。

すべてをひっくるめて

自分、なんですから。

 

ダメ出しするかわりに、

全力で自分を応援しましょうよ。

 

「わたしは、やっぱりダメだ・・・」

そう思ったら、

なぜ、そう思うのか?

自己分析してみるのもいいですよ。

 

そうすると

自分のことを客観的に

見つめ直せますから。

 

それでも、どうしても

自分が受け入れられない!

 

そんなときは、

それでもいいんです。

だって、完璧な人間なんて

この世には存在しないんです。

 

だから、わたしはわたしでOK。

自分にOK出しましょうよニコ

 

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございますハート

 

heartランキングに参加していますheart

メンタルトレーニングブログランキング

心理カウンセラーブログランキング

まずは、自分を受け入れてみる。

ママの心を元気にする相談室

「ココロのゆるめ屋」めぐです。

 

突然ですが、わたし。

子どものころ、

自分のことが、キライでした。

 

「こんな自分を好きになる人も

 いないだろうなー。

 一生、わたしは一人だろうなー」

 

小学校高学年〜中学生ごろまで

本気で、こんなふうに思っていました。

 

 

ところがある日、

はた、と気がついたのです。

 

「誰からも必要とされない」

と思っているわたしは

ほんとうは、

誰かに必要とされたいのだ、と。

 

それと同時に

 

誰からも必要とされない、

と壁を作っているうちは

誰にも必要とされないし、

自分自身も

「わたし」を否定しているのだ、と。

 

じゃあ、なぜこんなふうに

「誰からも必要とされない」

と、思うようになったんだろう?

 

理由を考えてみると

思い当たるフシがあったんですね。

 

それは

理想の自分を思い描いて

それとはほど遠い自分を

自己否定していたんだ、

ということに。

 

自分は自分でいいんだ。

自分を否定してしまったら

誰が、自分を認めるんだろう?

 

そう思ったとたん、

ものすごーく楽になりました。

 

不器用でも

理想の自分とはほど遠くても

わたしは、わたし。

それでいいんだ、と思います。

 

今、苦しくてツライというあなた。

まずは、あるがままのあなたを

受け入れてみませんか?

 

わたしはわたしでいいんだ。

そう思うと、

気持ちがスッと楽になりますよ。

 

そして何より。

今の自分を変えたい!

次のステップへ進みたい!

そう思うなら、なおのこと。

 

まずは、自分を受け入れましょう!

そこからどんどん変化していきますよニコ

 

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございますハート

 

heartランキングに参加していますheart

メンタルトレーニングブログランキング

心理カウンセラーブログランキング

どっちにしようか、迷ったら。

ママの心を元気にする相談室

「ココロのゆるめ屋」めぐです。

 

ただいま、

あることで、どっちにしようか、

ものすごーく悩んでいる次女。

 

「どっちにしようかな・・・。

 こっちを選んだら、

 ○○ちゃんが困るし、

 でも、あっちにしたら、

 ○○ちゃんに迷惑かかるし・・・」

 

んんん???

次女よ、ちょっと待ったー!!

 

 

AとB、二つの選択肢から

どちらを選ぼうか、

迷っているのですが、

 

話を聞いてみると

周りが困るから・・・とか

迷惑かけるから・・・で

どちらにしようか、

決めることができないんですね。

 

まわりに気を配ることも大事。

ですが、

 

自分がどうしたいか?

自分の気持ちを

自分自身に聞くのも

同じぐらい、

ううん、それ以上に大事。

 

まわりの意見に左右されて

「じゃ、こっちにしよう」

と選ぶと

かなり高い確率で

 

「やっぱり、

 あっちにしとけば良かった・・・」

 

と、後悔すること、多いです。

 

なぜなら、

自分はどうしたいか?を

重視していないから。

 

まわりの意見を聞くことも

もちろん、大切です。

でも、最終的に決めるのは

自分自身。

 

だったら、

自分の気持ちに

ちゃんと耳を傾けて

それから決めたほうが

いいと思いませんか?

 

 

「まわりがどう思うか、よりも

 まずは、次女がどうしたいか?だよ。

 自分がどうしたいか、

 じっくりと考えてごらん」

 

そう言うと、

少し安心したように

「うん!」

と言っていた、次女。

 

さあ、どっちを選ぶのか。

母はかたわらで

見守っていたいと思いますニコ

 

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございますハート

 

heartランキングに参加していますheart

メンタルトレーニングブログランキング

心理カウンセラーブログランキング

<< | 3/52PAGES | >>

TOP▲

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Profile

Search

Mobile

qrcode