家事=ママの仕事、という考えを手放してみましょう!

ママの心を元気にする相談室

「ココロのゆるめ屋」めぐです。

 

昨日のブログで

家族で家事を分担することについて

書きました。

 

▼昨日のブログはこちら。

http://blog.koko-yuru.site/?eid=135

 

昨日も書きましたが、

家事の分担には

自分の時間を作る以外にも

 

万が一、ママが体調を崩したとき、

「家の中が大変なことに〜!!」

となるのを、防止できるんです。

 

・・・というのも

昨年、わが家は

これを経験してしまったんですよね泣き

 

 

以前のわが家は

家事=わたしの仕事、でした。

 

家族に頼むよりも

自分でやったほうが、早い!

と思っていたんです。

 

でも、これが大間違い_| ̄|○

 

昨年、2ヶ月ほど

体調を崩して寝込んだんですが、

 

家の中は

あっという間に、荒れ放題泣き

 

ごはんは

買ってきたお惣菜を並べるだけ。

洗濯物はたまり、

部屋のあちこちには、綿ぼこりが。

 

これではいかん!と

娘たちに家事をお願いしたのですが、

やり慣れていないから

時間も手間もかかるんですよね。

 

ごはんの用意だけでも

うんと時間かかるし、

掃除をしても

あちこちに汚れが残っている状態。

 

それもこれも

今まで、わたしが

家事=わたしの仕事、としていたから。

 

そこで、娘たちに

 

「こうしたほうがいいよ」

「こうすると、もっと早くできるよ」

 

とアドバイスをしたところ、

家事能力は、グングンと上昇矢印上

 

今では

「あれとこれとお願い!」

と言うと、サッとできるようになり、

 

ときには

こちらから言う前に

ササッ!とやるまでに成長しましたペコちゃん

 

それを見て、気が付きました。

家事をしないんじゃなくて

やり方がわからなかったんだ、と。

 

最初のうちは、できなくて当たり前。

できないから。

自分がやったほうが早いから。

そう思って、取り上げると

いつまでたっても

できるようにはなりません。

 

最初のうちは、小さなことから。

できるようになったら、次へ。

 

そうすると

だんだん、上手にできるようになります。

 

家事ができる、というのは

生きる力を養うこと。

 

いざ、社会に出て

一人暮らしをするときに

ある程度、家事ができたら

困ることも少なくてすみますよね。

 

今のわたしの目標は

わたしが数日間、家をあけても

問題なく、家の中がまわるように

家族で家事を分担していくこと。

 

目標というより、もくろみ?

ふふふ、がんばるぞーニコ

 

ではでは!

 

heartランキングに参加していますheart

メンタルトレーニングブログランキング

心理カウンセラーブログランキング

コメントする

入力情報を登録しますか?

TOP▲

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

Search

Mobile

qrcode